家族で入れます

埋葬の際に納骨堂を使うという方法がポピュラーなものになりつつある理由のひとつとして、「お墓を購入するより安価に利用できる」ということがあります。
お墓を建てる場合は、霊園の一区画を購入して墓石を建てなければいけません。
しかし、納骨堂の場合は墓石を購入する必要がなく、その分だけ安価に済ませることができるのです。
そして「それ以外はお墓と同じ」という納骨堂も増えています。たとえばお墓の場合は墓石に「◯◯家の墓」と彫られることになります。つまり、ひとりで入るのではなく家族で入れる形になっているわけです。納骨堂は、本来は1人ひとつのスペースが用意されたものでしたが、現代の「お墓に代わるもの」として利用される納骨堂となると話は違い、1人ひとつのスペースではなく、一家にひとつのスペースになっているのです。つまり納骨スペースには何人か分の遺骨を納められるというところが増えているわけです。
納骨スペースに置く遺骨を入れる箱を「厨子」と呼びますが、その厨子が従来よりも大きく、複数の遺骨を入れられるようになっているのです。
昔ながらのお墓と同じように使うことができる納骨堂となっているのです。
ちなみに、今はお墓に納められている遺骨を納骨堂に移すということも、所定の手続きを行えば可能になっています。田舎のお墓に納めているご先祖の遺骨を移してきたりすることも可能なので、それぞれの自治体に連絡して手続きを行うようにしましょう。