見学できます

遺骨を納める納骨堂は、事前に見学をすることが可能です。予約してから行くとスムーズな見学が可能ですが、その際にはネットで簡単に予約できるので、活用してみてはいかがでしょうか。

葬儀の花

現代の納骨堂

時代によって、また文化圏によって葬儀や埋葬の形式は変わってきます。たとえば日本では、現在は遺体を火葬に付したあと、遺骨をお墓などに納めるのが一般的です。
火葬は法律で決まっていることであり、臨終から24時間あいだを開けて行わなければならない…というタイミングの指定も、法律によってなされています。
しかし、特に江戸時代の頃までは火葬は一般的なものではありませんでした。火葬には大変な火力が必要で、当時は火葬場などの整備も行われておらず、一部を除いては土葬が一般的だったのです。現在でも欧米などでは土葬がポピュラーな方法で、火葬か土葬か選べるというところもあります。
さて、現代の日本では火葬までは法律で決まっていますが、その後のことは個々人の自由で、昔ながらのお墓に遺骨を納める場合もあれば、海や山に散骨をしたりする方法もとられています。
また、ここで取り上げるような納骨堂を利用するという人も増えています。
納骨堂は本来、お墓が建つまでの間、遺骨を納める場所として利用されてきたところです。
わざわざ土地を買ったり墓石を建てたりしなくても、用意されたコンパクトなスペースに遺骨を納められるという、ある意味便利な方法なので、現在では「お墓が建つまでのあいだ」だけでなく、そこで永久の眠りにつく、というパターンが増えているのです。
そのような場として活用できる納骨堂は全国にあり、「遺骨を納める」だけではないさまざまなサービスが提供されています。
どのようなサービスがあるのか、見てみましょう。

家族で入れます

昔のお墓は「家族でひとつ」が基本でした。その基本を受け継いで、納骨スペースに複数の遺骨を納めることができるという納骨堂もあります。家族で入れる埋葬スペースがあります。

永代供養のお墓です

納骨堂に納める埋葬は、「永代供養」と呼ばれるものです。お寺の方で長い期間にわたって遺骨のお世話や供養をしてくれるところなので、独居の肩でも安心して利用することが出来ます。